株式会社アイデアチューブsince 2013-07-01/ Copyright 2013 ideatube. All Rights Reserved.

テクニカルノート

真空ポンプのオイル交換編

真空ポンプのオイルは使ってい間に劣化していきます。
溶剤含有系レジン(ホビー用など)は溶剤が徐々にオイルに混入し粘度の低下が起こります。
注型作業する前には必ず点検し、オイルが茶色く変色していないか、量は減っていないかを確認しましょう。
特に真空到達度が以前より落ちたと感じたら早めに交換します。
樹脂がオイルに混入すると内部で固まります。この状態で使用するとポンプの破損に繋がります。

真空ポンプのオイルは使ってい間に劣化していきます。
溶剤含有系レジン(ホビー用など)は溶剤が徐々にオイルに混入し粘度の低下が起こります。
注型作業する前には必ず点検し、オイルが茶色く変色していないか、量は減っていないかを確認しましょう。
特に真空到達度が以前より落ちたと感じたら早めに交換します。
樹脂がオイルに混入すると内部で固まります。この状態で使用するとポンプの破損に繋がります。

最初は透明だったオイルも使っていくとこのように変色してきます。
特にポンプの底にはレジンのカス等が溜まっている場合があるので傾け全て出し切ると良いでしょう、一旦オイルを捨て新品のオイルを入れ数秒から運転しフラッシングするとベストです。

交換したオイルの処理は住んでいる地域によって異なりますので確認してから処理しましょう。
行き付けのガソリンスタンドなどで処分してもらう手もあります。