フォーラム記事

萩原 秀之
2021年12月23日
In Q&A
各端子からDC12Vが出力され、ポンプ、ランプ、電磁バルブ等を駆動させますが、電磁バルブなどコイルを使った物は逆起電力(サージ)といって、出力が切れた時にコイル側から電気を放出します。 この電圧は高電圧で、逆流した電気で表示用のLEDランプが壊れて点灯しなくなってしまいます。 対処方法として、電磁バルブ等のコイルの近い部分に逆起電力を流れないようにするためにダイオードを並列に入れることによってLEDの破損を防止できます。 画像の程度の電磁バルブならお奨めのダイオードは1N4007 整流ダイオード 1A 1000Vです。 アマゾンでも買えます。取り付けはプラス側に帯線が入っているカソードを、マイナス側にアノードを並列に入れてやり、出力が切れた時の逆起電力がLEDに流れない様にします。 購入先例 https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07R8M11QM/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o03_s00?ie=UTF8&psc=1
電磁バルブを出力端子に繋ぐ時の注意 content media
1
0
14
萩原 秀之
2021年12月16日
In ディスカッション
ご意見、ご質問等書き込んで下さい。 サイト管理者
0
0
7

萩原 秀之

その他