top of page

新EC太郎の測定上限値は

新EC太郎がEC値を測定出来る上限値をデータから解析してみました。

0から4600μS/cmまではほぼストレートに変位していますが、4600μS/cmを超えるとカーブが一気に上昇してしまいます。

4700μS/cmからはカーブが垂直になります。垂直とは、これ以上はEC値の数値の変化を読み取れないと言う事です。

グラフから測定範囲としてはMAX4600μS/cmが上限です。

設計目標としては、水耕栽培に於いての液肥濃度はイチゴで800μS/cm、トマト1500μS/cm、メロン2500μS/cm程度ですので測定範囲は十分に許容しています。







閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

どんどん改良案が浮かんでくる

液肥濃度管理機で、水量が減ってECセンサーが水から出てしまうと測定EC値はゼロになって液肥がどんどん送られてしまう。 このトラブルは絶対回避したいところ。 水量センサーと連続投入時間から自動停止する仕様にはしてあるけど、自動運転中にEC値がゼロとかゼロに近い値になって、10秒位経ってもその状態だったら装置が休止されるようにすれば良いですね。 休止モードに入る部分はプログラムに組み込んであるので、数

Comentários


bottom of page