top of page

ディスカス到着しました

ヤフオクで良さそうなディスカスの幼魚を即決で落札!

出品されているディスカスの中で、育てられた環境から比較的手間が掛からなそうで、なるべく安価なディスカスを探しました。 原種とか、購入後に生育環境がシビアでないものです。 説明を読んでみると普通に水道水にカルキ抜きを入れ温度を合わせるだけで良さそうです。 品種はロードターキスで原種はドイツで作られたみたいです。 ブリーダーから購入したペアからの子供たちだそうです。 日本の水道水には慣れているだろうと思い即決で落札しました。なぜ即決かというと、これが残り最後のようです。 5匹じゃ60㎝水槽じゃ多いかなって思ってたら、残り最後の1匹をおまけに付けて頂きました(^^ゞ


ディスカス無事到着!

昨日の午後発送され、本日午前中に到着しました。 熱帯魚を郵送で買うのは初めてなのでどの様に梱包されてくるのか興味津々でした。 それより皆無事化の方が心配ですね。 恐る恐る発砲スチロールの箱を開けたところ、それぞれ1匹づつビニール袋に入ってました。 皆さんご無事の様で安心。




さっそく水温合わせ

28℃に準備しておいた水槽に袋ごと投入し水温を合わせます。 本当は容器に移して水合わせと言って少しづつ水槽の水を入れていくのでしょうが、割と面倒臭がり屋なのでこの方法で。 6匹では多いかなと思った60㎝水槽ですが、このサイズなら取り敢えず、なんとか、いけそうです。


pHを合わせる

出荷時のpHを教えてもらってた数値は5.98だったそうで、水槽の水のpHを6.2に調整しました。水温は27℃に。 本来なら水合わせを行い、袋の水は入れないで魚だけを入れるようですが、今回は立ち上げたばかりで3日程しか経過していないのでバクテリアも殆どいない状態だろうと思い、袋の中にはバクテリアがいるだろうと、そのまま水槽の中に袋の水ごと放ちました。


調子良さそうです

半日ほど静かにしておいて、ちょっとだけ冷凍赤虫を与えたら皆さん寄ってきて餌をつついて食べたので輸送のダメージも無さそうで安心しました。



さて今後どうなるかな。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page